CST

CST(クレニオセイクラルセラピー)

姿勢改善・バランス調整/北海道千歳市の予約制整体サロン/ケアタイムアルム/月イチ限定開催

クレニオセイクラルセラピー(Cranio Sacrum Therapy)とは、アメリカのオステオパシー医ジョン・E・アプレジャー博士が開発したテクニックです。

Cranio(クレニオ)=頭蓋骨
Sacrum(セイクラム)=仙骨

日本語では頭蓋仙骨療法と言います。

脳と脊髄は硬膜という膜に覆われ、硬膜と脳、脊髄の間は脳脊髄液という体液で満たされ、循環し、生成、吸収を繰り返す事で、硬膜がリズミカルに拡大、収縮します。

硬膜の付着点である頭蓋骨や、仙骨もこの影響を受けます。

これを頭蓋仙骨システムといい、脳や神経細胞が機能する為の生理学的環境を保持します。

何らかの影響で、頭蓋仙骨システムの圧力変化に対応出来なくなると、その圧力が他にひびいて、機能障害や身体の不調をおこします。

この圧力やリズムの変化を硬膜の付着点である頭蓋骨、仙骨等から感じ取り、正常な圧力、リズムへ導き、中枢神経に作用させる事で、本来、身体が持つ自然治癒力を効率良く引き出すのがクレニオセイクラルセラピーの目的です。

ソフトな刺激で痛みはありませんので、外力による痛みを感じやす方には特に無理なくお受けになれるテクニックです。

 

※アルムでは、感染症拡大予防の為、施術前に手指消毒をさせて頂いております。

care time a.l.m.をフォローする
姿勢改善ケアタイムアルム