親指付け根の痛み

一言で『親指の付け根』と言っても様々で、手掌側、手背側、CM関節(手根中手関節)、MP関節(中手節関節)など、細かな部位によっても施術は変わっていきます。

付け根に関連する筋肉を、下記画像で幾つか抜粋してますが、これでも全てではありません。

肘の方から伸びてきているような筋肉もあり、時には『肩の痛み』で説明させて頂いたローテーターカフ(回旋筋腱板)の一つである肩甲下筋が痛みの引き金になる事もあります。
このように『親指の付け根』に痛みがあっても、施術対象になる筋肉はその人によって変わっていきます。

  • 短母指伸筋
  • 長母指外転筋
  • 母指内転筋斜頭
  • 短拇指外転筋

短母子伸筋長母指外転筋の様に前腕の方から伸びてくる筋肉もあります。

  • 橈側手根屈筋

場合によっては親指の付け根の痛みでも、この橈側手根屈筋の様に、肘の内側から親指の付け根まで伸びているような筋肉もあります。

そして、今まで色んな所で施術を受けてもなかなか良くならないと言って来られる方の中には、体のバランスが崩れている方が大変多いです。
『親指の付け根の痛み』であっても体全体の姿勢、バランスが大きく影響してきます。施術の際は部分的な症状に捉われず、先ず全身のバランス調整をし、姿勢改善を前提として施術を行います。これだけでも軽減するケースも少なくありません。

この上でまだ抹消部に痛みを感じてる場合には上記画像のような筋肉を部分的に細かく診ていくことになります。